Home > 旅の思い出4

旅の思い出4

  • Posted by: 130
  • 2019年10月 9日 18:41

「食事編」

ボクは特に食べ歩きを楽しむグルメではありません。
美味しいものは美味しいと感じますが、それを食するために行動するということは滅多にありません。
海外でのひとり旅ではめいっぱい行動することが多いので、疲れ切って、なおさら食への関心が薄れてしまいます。

基本的には朝はホテルの朝食をしっかりいただきます。

昼食は出先で取ることになりますが、ランチは割とちゃんとしたレストランでも安いのでレストランで遅い昼食をとることが多かったです。

そして夕食はスーパーマーケットでパン、チーズ、ハム、そしてビール・ワインを購入し

ホテルの部屋で食べることが多かったようなぁ、、、、。

日々、歩き疲れて、外で夕食をとる元気がなくなるというパターンです。(笑)

ただせっかくの知らない国なので、一回はその国ならではの料理を食するように心がけています。

それは旅行者としての義務感のような感じで、、、、。


まずはアゼルバイジャン バクーでのショッピングセンターフードコートでの昼食。

フードコートにはマックやケンタッキーフライドチキンもあるのですが、、この手の日本でも味わえるファストフードへ絶対に行きません。

ご当地メニューのファストフードはチョイスの仕方から教えてもらわなければなりませんでした。

英語はまったく通じなかったのですが、なんとか背後のメニュー写真と料理ケースの中の料理を指差しで、

肉春巻きのような地元料理をゲットすることができました。

20191009.JPG


1都市4日間の滞在のうち、1日は、できる限りちゃんとした地元料理のレストランで昼食をとるようにしました。

この店はキャラバンサライを思わせる内装のアゼルバイジャン料理の割と有名なレストラン。

でも正直、この手のレストランにひとりで入るのは少々気が引けます。(苦笑)

201910099.JPG


これはホテルでの朝食の写真。

こんな感じの盛りで、2~3回ブッフェコーナーに通ってしっかり食べます。

201910091.JPG


これは疲れ果てて部屋に戻り、シャワーを浴びてからの部屋での夕食です。

部屋での1日を振り返りながら、ひとりの夕食の時間が結構好きです。

201910092.JPG


これまた、トビリシのホテルでの朝食。

201910093.JPG


トビリシでのイベリア料理(ジョージア料理)のレストランでの食事。

久々のライス、けっこう美味しかったです。

201910095.JPG


こちらはアルメニア エレバンでのレストランでいただいたアルメニア料理。

肉巻き野菜?これも美味しかったなぁ~、、、。

201910096.JPG


疲れて昼食も食欲がなくなると、スープ&ブレッド、そしてサラダということも何回かありました。

そのブレッドのボリュームの多さ、そしてただ野菜をぶった斬りしただけのサラダを見て、

よけいに食欲をなくしてしまいました。(苦笑)

201910097.JPG


これはエレバンの空港で9時間待ちを強いられた時の空港での昼食。

赤カブの?スープ、意外とボリューミィで美味しかったかなぁ~。

ここで3時間近く粘りました。(笑)

201910098.JPG


ということで、なんとなく現地では現地での普通の食生活を送りました。
旅の間、特に日本食を食べたくなったことははありませんが、
帰路ドーハからの飛行機の中での「そば」は美味しく感じました。
やっぱり、日本食は世界で一番ですね!
EDIT

Comments:0

Comment Form

Home > 旅の思い出4

Calendar
2019 10 »
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Navi

いさおのBLOG1(2008年10月まで)

スタジオ4設計のHPに戻る

Recent Entries
Links
Search
Feeds

Return to page top