Home > Archives > 2019年10月 Archive

2019年10月 Archive

決算

  • Posted by: 130
  • 2019年10月31日 17:56

このところ、 お笑いのチュートリアルのTが無申告だったということでメディアを賑わせているようです。
何年もの間、無申告だったということには驚かされました。

きょうは税理士事務所のSさんに来ていただき、先月末までの資料をもとに決算の打ち合わせをさせていただきました。
打ち合わせを終えてから、さっそく無申告だったTの話題。
税理士さん的にも、今回の出来事は信じられないニュースだったようです。
Tはもともとルーズな性格だったとか、、、。
ボクも税金に対しての知識は疎いほうですが、だからこそその道の専門家に頼むべきだと思うタイプ。

我が事務所のように家内工業的な売上の少ない小規模の法人でも専門家にお願いすると、有効な会計処理の仕方や、
時には節税対策も指導していただけるのは、売上が少ない時も、そして多少あった時も、ありがたいものです。

以前は青色申告をしていたのですが、その煩雑さに辟易してしまいました。
確定申告時に、仕事を中断して、かなりの時間を割かねばならなかったのも辛かったなぁ~、、、。
正しい知識で、確かな納税、そして節税、大事ですよねぇ~!


20191031.JPG

EDIT

目標設定!

  • Posted by: 130
  • 2019年10月30日 09:17

20191030.JPG

先週日曜日のアップダウンのきつかった大町アルプスマラソンのハーフを走り終え、
1週間の休息を経て、やっと体調も元通りに戻り、
今週からは通常の5時起き、早朝ジョグの日々が始まりました。
以前は毎日走っていたのですが、疲れがたまりがちだったので、
最近は2日走って1日休みというペースにしています。

きょうの日出は6時だそうでジョグで家を出るころはまだ暗く、懐中電灯なしでは走れないくらい。
今朝は冷え込んだようで、珍しく霧がすごかったです。

次の大会は12月1日の千葉マリンマラソン・ハーフなので、あと1ヶ月ということになります。
最近の成績は、毎回思ったような結果が得られず、練習不足を痛感してばかり、、、。
よくよく考えてみたら、あえて練習不足にしておいて、言い訳ができる状況を作っているような気もしてきました。
それはいかん!いかん!!
次回は練習不足という言いわけができないようにしっかり計画的に練習をして臨もうと思った次第です。
そして今週から1ヶ月の走行目標を久しぶりに150キロに設定してみました。
果たしてどうなるか、、、自分に対してのささやかな挑戦です。(笑)

EDIT

パソコンでエスキス

  • Posted by: 130
  • 2019年10月29日 08:54

20191029.JPG

先週の火曜日は即位の礼で祝日だったので、きょうは2週間ぶりの授業でした。
きょうは午前中から雨降り。
2週間ぶりに4Cに乗れると楽しみにしていたのですが、、、ちょっと残念。

大学には早めに到着し、次の課題の打ち合わせなど。
こんどの課題は廃校になった小学校のリノベーションとのことで、学生にとっも、教員にとってもなかなか難しい課題になりそうです。

来週はその課題の現地見学になるので、きょうはいま進めている外国人学生寮の課題は最後のエスキスチェックの日となります。
それぞれの学生から、その内容を聞くとかなり心配な学生が多かったのですが、
その中に数名、熱心にエスキスを進めてきた学生がいました。
とくに目立ったのがSさんとN君。
ふたりともすすめてきたエスキスをパソコンで見せてくれました。
その案を立体的にくるくる回しながら説明してくれます。
時代は変わったものです。ボクたちの時代では考えられなかったこと。
手描きのスケッチの重要性はいまも昔と変わらないと思うのですが、このようなツールを活用することは
これからの設計活動には必須になってくるのでしょう。
再来週の完成形が楽しみです。

EDIT

寅さんが好き!

  • Posted by: 130
  • 2019年10月28日 09:10

20191028.JPG

きょうはO計画の照明器具選びなど。
この照明器具選びは昨今のLED化とともに、なかなか手間のかかる作業のひとつです。
消費電力は白熱球の10分の1近くになったのですが、LED器具は消費電力と明るさが比例していません。
タマ交換が可能な物もあれば、不可能の物もあります。
まあ、寿命は40000時間なので、交換できなくても大きな問題ではないのですがぁ、、、。
また照度のコントロールができる器具とできない器具があるので、スイッチとのマッチングも
考えながら慎重に選ばなければならないのです。

ということで、器具選び、スイッチ・コンセントの位置、弱電アウトレット位置などを考えるには1日がかりとなりました。

きょうは東京国際映画祭のオープニングセレモニーがあったとのこと。
その中で山田洋次監督の「男はつらいよ おかえり、寅さん」もエントリーしているとのこと。
むかしから、寅さんは大好きな映画。久しぶりに寅さん、見たくなりました。

最近、ボクの生き方は、なんだか寅さんに似てるなぁ~とつくずく感じます。
義理と人情とやせ我慢、そしてお調子者で勘違いばっかり、、、純情すぎて?笑えます。(笑)

EDIT

マニアはすごい!

  • Posted by: 130
  • 2019年10月27日 17:08

201910271.JPG

きょうは羽田に昼に到着する便で、上海から一時帰国する3女Mとsoraを迎えに、羽田空港まで行ってきました。
日曜日とあって道路が空いていて、我が家から羽田まで1時間もかかりませんでした。

早めに着いて展望デッキで大好きな飛行機見物。
スマホでフライトレーダーを見ながら到着を待っていると、なが~い望遠レンズ付きカメラを構えた隣の人が
「いよいよ来ますねぇ~」と話しかけてきました。
「何がですか?」と聞くと、フランクフルトから飛んでくるルフトハンザ航空のボーイング747の機材が、
クラッシクタイプ・クラッシックカラーリングでかなりのレアものとのこと。
どうやらその方はこの日のためにわざわざ関西からきたとのことでした。
いやぁ~いろいろな趣味に熱狂的なマニアがいるものです。
にわか航空ファンのボクなどおよびもつきません。

さっそく、そのB747を何枚か写真撮影。
たしかに黒い鼻が特徴的で、尾翼の黄色もかなり褪せた色に感じました。

その数機後、上海からの3女たちを乗せたANA便も無事到着。
2ヶ月ぶりのsoraは一段と成長し、そしておしゃべりになっていました。


201910272.JPG

EDIT

スーパーフライ、アリーナツアーライブへ

  • Posted by: 130
  • 2019年10月26日 16:57

201910262.JPG


201910261.JPG

きょうはさいたまスーパーアリーナへ、スーパーフライのライブを見に行ってきました。
スーパーフライのアリーナツアーはなんと3年半振りとのこと。
前回もそのスーパーアリーナライブへ行っていましたが、もうあれから3年半もたったとは、おどろきです。

たしか1年前くらいに、サントリーホールで開催された「めざましクラッシックコンサート」にゲスト出演するスーパーフライを見に行ったことがありますが、
2~3曲しか歌わなかったので、かなり物足りなさを感じました。

スーパーフライは大きな会場で、ブラスセッションも入ったフルバンドでの大音響の中で聴かなければ意味がないのでは、、、、と感じているひとり。

きょうのライブは17時半スタート。
新しい曲、懐かしい曲を織り交ぜながらの、あっという間の2時間半でした。
いい歳をしたGGが歳を忘れて、立ちっぱなしで合唱?!、、、。
あ~やっぱりスーパーフライは素晴らしい、、、元気をもらえます。

これからしばらくの間、クルマの中でのBGMは、フルボリュームで聴くスーパーフライですね!(笑)

EDIT

建築断熱リノベーション、勉強します!

  • Posted by: 130
  • 2019年10月25日 14:54

DSC_0552.JPG


いつも設備設計をお願いしているZ設計室のKさんが、最近住宅の断熱リノベーションの本を出したとのことで、
さっそくアマゾンで注文し、きょう届きました。

著者のなかには、いまとある本を共著で進めているNさん、そして矩計の本で一緒だったSさんも。
こうなると、多少高い本(学芸出版社 4180円)買わないわけにはいきません。(笑)
内容は、RC集合住宅・木造戸建住宅・そしてRC造戸建住宅の断熱リノベーションについて。

なかでもとても興味深かったのが著者Kさんの自邸のリノベーションです。
というのも、Kさんの自邸は、築30年が経過している建築家中山繁信氏の設計による住宅で、
竣工当時は新建築にも発表された内外部コンクリート打ち放しのとてもかっこいい住宅。
その住宅の断熱リノベーション工事をしたときの詳しいディテールやデータが載っているとのこと。
同じコンクリート打ち放しの住宅に住むものとしては大変興味深いものがあります。

Kさんに聞くと、リノベーション前は冬には室内で氷がはるという厳しい熱環境だったそうですが、
リノベーション工事後は、極寒時の室温は5~6度上がったそうです。
外装は金属サイディング+断熱材、屋根は断熱材をサンドイッチした折板。
トップライトもツインポリカをポリカ折板でサンドイッチした工法を採用しているとのこと。
同様の厳しい熱環境で暮らすものにはとっては大変参考になる内容です。
我が家の次回のリノベーションにはぜひ採用してみたいものばかりですが、問題はコストですかねぇ~、、、、。(苦笑)

EDIT

夏から、いきなり冬へ

  • Posted by: 130
  • 2019年10月24日 09:21

きょうは出かけた帰りに近くのガソリンスタンドで、灯油を購入してきました。
このところの肌寒い日にはすでにヒーターを使い出していて、春先の残りの灯油でしのいでいたのですが、
いよいよ灯油缶が空っぽのなってしまいました。

201910242.JPG

内外部コンクリート打ち放しの住環境では春と秋がめっぽう短く、夏のあとは即、冬が来る感じです。
そして冬が3月末までとなが~い、、、。
これから5ヶ月間は、デスク横の足元においた灯油ファンヒーターは必需品となります。
そうそう、まずは扇風機を片付けて、そろそろ電気毛布も出しておかなくては、、、です。(笑)

きょうは午後一番でTG社本社で仕様変更の打ち合わせがありました。
かなり大胆な仕様変更をし、これから再見積へ。
今回の仕様変更は、設計コンセプトも変えなければならないレベルのものもあります。
設計者としてはとても辛い内容ですが、まずは実現に向けて、計画を進めなければならないのですねぇ~、、、。
何事も前向きに進めていけば、きっと良いこともあるということを信じて、、、。


EDIT

きょうも銀座へ

  • Posted by: 130
  • 2019年10月23日 09:50

きょうは午後3時から京橋にある設備設計事務所Z設計室での打ち合わせへ。
先週木曜日にもお邪魔したのですが、きょうは別の案件の打ち合わせです。

先週も所長のKさんに案内いただいたのですが、Z設計室主催による建築シンポジウムを来月開催するとのこと。
第一回目は建築家、中山繁信氏と中村好文氏による宮脇檀氏の話のようです。
このようなシンポジウムを主催されるKさん、そしてスタッフの方々の熱意に敬意を評したいと思います。
毎年定期的に開催予定とのこと、楽しみですね、

シンポジウムのあとには懇親会も予定されているとのこと。
ぜひそちらも参加させていただきたいと思います。

20191024.JPG

Z設計室打ち合わせを終え、近くのカフェでFとの打ち合わせ。
これからFとの打ち合わせも多くなりそうです。

銀座1丁目駅から有楽町線でふじみ野駅へ。
改札を出るとすぐ横の京樽でセール中。
3割引、なんと税込300円にひかれて、茶巾ずしを購入して帰宅。
最近、主婦感覚、丸出しです。(笑)

20191023.JPG

EDIT

大町を振り返って

  • Posted by: 130
  • 2019年10月22日 09:29

きょうは天皇即位の礼で祭日。
あいにくの雨だったのですが、家でごろごろテレビを見ながら、日曜日のマラソン大会の疲れを癒すのにはふさわしい1日でした。


201910203.JPG


毎回大会に出場すると計測された時間と順位が書かれた記録証が発行され、
ボクはそれをちゃんとクリアーファイルに保存していて、そのクリアーファイルも2冊目になります。
改めてこれまでの記録を振り返ってみて感じたのは、今回の大町の成績は思ったほど悪くなかったということ。
どういうことかというと、3年前にも大町のハーフを走っているのですが、その記録が2時間15分。
そして昨年9月走った南房総ハーフは今回と同じ2時間19分だったのです。
通常、ハーフは2時間あまりで走りきっているのですが、この2大会だけは15分以上も遅かったのです。
なぜか?よくよく思い出してみると、その2つの大会ともに前半はキロ5分30秒くらいで順調に走っていたのですが、
後半15キロ地点あたりでふくらはぎの痙攣をしてしまい、歩いてしまったからなのですねぇ。
前半は調子よく走っていたのですが、最後の5キロで失速してしまったパターン。

今回はマイペースで平均するとキロ6分30秒のかなりのゆっくりペース。
それでも順調に距離をこなしていけば、前半飛ばして失速した時と同じ時間でゴールできるということがわかりました。
カメ走法?納豆走法?とでも言うのでしょうか、、、。
今回は、事前の練習で1回もハーフの距離は走ることもなく、1週間前に1回だけ10キロを走っただけ。
まあ、それにしてはまあまあだったと言えるのではないでしょうかぁ、、、。
年齢的にも60代参加者120人中66位。
60代といってもボクは67歳の60代後半のランナーなので、年齢的な成績も妥当なとだったのかなぁ~。

まあ本来は2時間切ることを目標にしているので、これに甘んじる気持ちはないのですが、、。
次回は12月の千葉マリンマラソンのハーフ。
こんどはしっかりと準備をして走りたいと思います。


20191022.JPG

EDIT

感動をありがとう!

  • Posted by: 130
  • 2019年10月21日 10:40

201910211.jpg

昨晩は7時に帰宅し、さっそくテレビをつけてラグビーワールドカップ日本対南アフリカ戦を観戦といきたかったのですが、
毎回大会から帰ってからはやらなければならないことがあります。
まずは荷物を整理し、汗まみれになったウエアの洗濯、そして風呂にお湯を張り、
汗まみれの体をキレイに洗い流すこと。
これらをなんとか30分で終えて、前半の途中から観戦をすることができました。

前半はまあまあの戦いでしたが、さすがに南アフリカは強い!
後半、点差がついても日本は諦めずによく戦いました。
ノーサイドのあとの選手の涙、もらい泣きしてしまいました。
スポーツの涙っていいですね。感動です。

今回の日本チームの戦いは、日本国民に大きな感動をもたらしてくれたと思います。
選手たちがあれだけ頑張ってくれたのだから、「自分も自分なりに常に挑戦していこう!」という気にさせられます。
けっこう純粋、いやけっこう単純です。(笑)
そして頑張った自分自身に対しての感動の涙でも流せたら最高だなぁ~などと、、、。
感動をありがとうございました。
そして「感動」とは、「ココロで感じたら、すぐ行動をすること!」なのですね。


EDIT

結構きつかったぁ~

  • Posted by: 130
  • 2019年10月20日 09:38

201910201.JPG

きょうは5時起床。
6時半にホテルを出発し、クルマで大町市総合運動公園へ向かいました。
会場駐車場へは7時半過ぎに到着。
さっそく体育館で着替えて、ストレッチなど。
8時からは陸上グランドで開会式が開催され、参加しました。
開会式はその大会主催者の特徴が出ていて、とても興味深く感じます。
大町は先日の台風19号ではほとんど被害がなかったそうで、開催を決めたとのこと。
北アルプスの玄関口であり、観光が大事な産業である町にとってはそれも当然のことと思いました。

この大会はフル、ハーフ、10キロとある大会。
いままでこの大会では2回、フルも走ったことがありますが、高低差200mのコースはかなりハード。
ハーフでも高低差100m以上を走る結構登りの厳しいコースです。
最初の8キロの下りはよいのですが、それ以降の10キロはずーっと登り。
今回はほとんど練習ができていなかったので、正直、走りきれるか、かなり不安でした。
こんなに不安を抱えてスタートしたのはほんと久しぶりです。
とりあえずキロ6分くらいでゆっくり走ったのですが、上りが続いてくるとキロ7分近くに落ちていきました。
マイペースを守りつつ、なんとか歩かず、フィニッシュできて良かったです。
最後、足のふくらはぎ筋肉は痙攣一歩手前でした。(苦笑)

201910202.JPG


今回は、まえのりの1泊だけ。
というのも今日泊まってしまうと4連休になってしまうので、それは避けたかったのです。
午後1時に会場を出て、大町駅近くのお蕎麦屋さん「こばやし」へ。
ここは40年まえくらいから行っている美味しいお蕎麦屋さんで、冷たいおろしそばをいただいてきました。

201910204.JPG

大町を1時半に出発。
豊科ICから信越道で小諸ICへ。
ここから一般道で軽井沢へ。ここが渋滞していて時間がかかりました。
そして軽井沢から信越道に戻り、関越道へ。
関越道が花園ICあたりから渋滞し、けっきょく家に着いたのが7時ちょうど。
いつもの倍の時間がかかってしまいましたが、なんとかラグビーワールドカップ 日本×南アフリカ戦に間に合ってよかったです。

それにしても今回は疲れました。
ハーフだったのに、疲労感はフル以上かぁ?
クルマから降りると、まともに立てないぃ~、歩けないぃ~状態。
まあ、たまにはこんなふうにめいっぱい疲れ切るというのもありかなぁ~、、、。(笑)

EDIT

2年ぶりの大町

  • Posted by: 130
  • 2019年10月19日 09:32

20191019.JPG

きょうは明日の大町アルプスマラソン参加のため、12時に家を出発し松本へ向かいました。
大町アルプスマラソンはもう何回出場しているでしょうか、、、おそらく10回以上は確実です。
そんな大会なのに昨年はうっかりしていてエントリー期限が締め切られてしまい参加を断念せざるを得ませんでした。
そして一昨年はエントリはしたものの、大会の数日前にぎっくり腰をやってしまい、
会場に行ったものの走ることができなかったので、今年はどうしても走りたかったのです。
といってもこの1ヶ月は9月後半の旅行や、帰ってからは風邪をひってしまい
ほとんど練習が出来ていません。
それでもボクにとっての第2のふるさとと言える大町を走りたいという気持ちが優って、大町行きをきめました。

朝方まで雨が降っていたのですが、昼には止んでくれました。
途中の関越道、横川あたりでは快晴に。
先日の台風で軽井沢~佐久間が通行止めとなっていたので、軽井沢で一般道に下り、小諸までは浅間ハイラインで行くことになりました。
小諸で信越道に戻り、松本には5時近くに到着。
夕飯は駅前のショッピングセンターでお弁当とビールを購入し部屋で夕食、そして早寝。
これは大会前日のお決まりのパターンです。
明日は天気も良さそう。
果たして練習不足で大丈夫かぁ~、、、ちょっと、いやかなり不安です。

EDIT

BBSで旅の話

  • Posted by: 130
  • 2019年10月18日 17:59

きょうは朝一番でTG社首都圏営業所で解体工事の打ち合わせ。
解体工事の打ち合わせは進んでいきますが、正直、見積オーバーしている増築建物本体の方が気になります。
なんとか無事に工事請負契約に進めることを祈るばかり。

午後は1ヶ月ぶりにBBSにカットに行ってきました。
マスターのSさんとは先ごろのボクの旅の話で盛り上がりました。

いつも思うのですが、ボクの旅は基本、「ひとり旅」。
「ひとり旅」の楽しいところは、まず旅の前に、あれやこれや調べて自由に計画を練るところからです。
この期間は3~4ヶ月。
旅の前から旅の妄想に浸る?きっとこの時が、旅の楽しさ全体の楽しさの30%と言えるでしょうか。
もちろん実際の旅に行っての楽しさ、面白さが一番で全体の楽しさの50%を占めます。
そして残りの20%の楽しさは帰ってきてから、だれかに旅の話をすることのように感じます。
そんな旅の話を聞いてもらえる人がいるというのも嬉しいことです。

Sさんはまた1月にニュージーランドに行くとのこと。
こんどは釣りをしながらのトレッキングとかで、いまから足を鍛えているとのこと。
こういう旅、とても羨ましく感じます。
あ~来年のひとり旅はどこへ行こうかなぁ~、、、。


DSC_0396.JPG

EDIT

誕生日のサプライズ!

  • Posted by: 130
  • 2019年10月17日 17:32

201910172.JPG

きょうは朝イチで日本橋にある確認審査機関へ。
ふじみ野駅まで久しぶりに自転車で行ったのですが、気温が低く冬の始まりを感じました。
寒いのはきらい、冬は好きではありません。そんな冬が間もなくやってくると思うとちょっと気が重くなります。

東京駅へは池袋から丸ノ内線で。
よくよく考えたら、丸ノ内線で行き、ぐるっと自由通路を回ることを考えたら、山手線で八重洲口に出たほうが早かった気がしました。

確認審査機関では一昨日、現場検査を終えたガイドライン調査報告と増築部分の事前打ち合わせです。
とくに大きな問題もなく増築部分の確認申請に行けそうでとりあえずよかったぁ~、、、。

打ち合わせのあと、きょうはボクの誕生日ということで一緒に行ったFにランチをご馳走になりました。
なんだかんだ、もう半世紀近い付き合いのFに感謝です。

午後は京橋にある設備事務所Z設計室へ。
品川大井の案件の設備に関しての打ち合わせでした。
打ち合わせが終わると、おくのほうからバースデーケーキが運ばれてきました。
なっ、なんとボクの誕生日を祝ってくださったのです。
いや~泣いてしまいそぅ~、、、でした。Z設計室のK所長、ありがとうございました。

201910171.JPG

夕方事務所に戻り、携帯を見るとFBにはたくさんの方からのお祝いメッセージが、、、。
きょうは良いことがたくさんあり、そのうえこんなにたくさんのお祝いメッセージをいただき、
「自分は幸せ者」であることを再認識した次第です。
みなさん、素晴らしい誕生日をありがとうございました。
これからも頑張りたいと思います。

EDIT

プレゼンテーション会場へ

  • Posted by: 130
  • 2019年10月16日 15:33

昨日は授業を終え、いつものように新秋川街道をあきる野ICに向けて走っていると、
突然土砂崩れによる通行止めの表示が。
たしかに、この浅川あたりは先日の台風のときにはかなりの降水量があった地域。
けっきょく大きく迂回させられ、道路も渋滞していて、いつもの1.5倍の時間がかかってしまいました。
そして関越道は碓井軽井沢IC~佐久ICが通行止めのよう。
今週末の「大町アルプスマラソン大会」までに開通するといいのですがぁ、、、。

20191016.JPG


きょうは地域密着型特養のプレゼンテーションがF市役所でありました。
会場への入場者が3人までという制約があり、ボクは廊下で45分ほど待機。
結果、無事にプレゼンが終わりよかったです。

発表は今月末とのこと。
発表を待たずに、少しずつ計画を進めていかないと間に合わないスケジュール。
こちらも、タイトなスケジュールになりそうです。


EDIT

検査のあとは大学へ

  • Posted by: 130
  • 2019年10月15日 11:55

きょうは朝イチで初台の現場へ。
連休明け、しかも台風来襲後の週明けで道路が混むとおもい、打ち合わせ時刻の2時間半前に家を出発し初台へ向かいました。
案の定、道路は混んでいましたが、なんとか2時間10分ほどで現場着くことができました。

きょうは既存建物の法適合調査報告書取得のための現場検査。
工事完了検査を受けていなかった既存建物が法律通り作られているかどうかという検査です。
いまから35年前の建物で、この頃は工事完了検査を受けない建物も結構あったよう、、、。
そのような建物増築工事はまず、既存建物の調査をしなければならず、かなりのエネルギーと費用が必要となります。
後になってこのような手間がかかるとは、、、やっぱり完了検査は受けておくべきでしたね。
検査は建築以外での指摘はあったものの、なんとか無事に終了。
これで増築工事の確認申請に進めていけそうです。

P1180039.JPG

検査を終え、八王子キャンパスへ向かいました。
首都高、幡ヶ谷ランプから入り、八王子ICで出て、大学までは40分ほどで到着。
八王子JCから大月ICは現在も台風の影響で通行止めでした。

きょうの授業は、新しいグループの学生のエスキスチェック。来週は祝日で休みなので、ひとりひとり時間をかけて見てあげました。
その中に、なかなか優秀な学生がいました。
先週の中間提出だったのですが、その内容がとても良く出来ています。
優秀な学生は、課題を楽しんでいる様子が伝わってきます。


20191015.JPG

楽しいと、作品もどんどん良くなっていきます。
これって、仕事も全く同じだなぁ~と感じます。
そういえば先週あたりから、ちょっとその楽しさからはかけななれた、気が重いことがあったなぁ~、、、。
そんな気持ちも打ち消しつつ、前向きに楽しく行きたいと思います。

EDIT

感動!

  • Posted by: 130
  • 2019年10月14日 16:30

20191014.jpg

昨日の夜はラグビーワルドカップ、日本対スコットランド戦をテレビ観戦しました。
3連勝で迎えたスコットランド戦、正直それほどラグビーは詳しくないのですが、
ここまで勝ち進んできてくれると見ないわけにはいきません。
いざ始まってみると強豪であるスコットランドとは互角以上の戦いっぷり。
最終的には28対21で勝利し、ベスト8進出がきまりました。
いや~カラダとカラダのぶつかり合い、素晴らしいチームプレー、他のスポーツにはない迫力がありました。
その勝利は多くの日本人に感動と勇気を与えてくれたに違いありません。

次の決勝トーナメントは来週の日曜日の南アフリカ戦が楽しみぃ~。
にわかラグビーファンになってしまいました。

そしてきょうは出雲駅伝をテレビで見ました。
東洋大、惜しかったですねぇ。
そして國學院、素晴らしかったです。
正直、今回は青学に勝てたのがちょっと嬉しい、、、、。
こちら、伊勢、そして箱根がより楽しみになりました。

EDIT

台風が去って

  • Posted by: 130
  • 2019年10月13日 08:40

昨夜は大型の台風が通過するのを待って就寝。
我が家の周辺では大きな被害もなかったようでよかったのですが、朝のニュースによると川の氾濫など、
各地でかなりの被害がでているとのこと。
どうやら川越市や東松山市辺りでも堤防が決壊して特養や住宅が冠水しているとのことでした。

きょうの午前中は品川で打ち合せがあったので朝8時に家を出発。
関越道の所沢ICへ行ったら通行止ということで、下道で品川へ向かいました。
一般道は意外に空いていて、1時間20分ほどで到着。
打ち合わせは1時間あまりで終了し、昼過ぎには帰ってくることができました。

きょうは昨日の大雨が嘘のような快晴。
久しぶりに長めのジョギングをすることにしました。
いつもは西の方向へ走っていくのですが、きょうはまだ台風の影響は残っていると思われる東の方へ行ってみました。
我が家から東に3キロほど走ると、畑のエリアから田んぼのエリアに変わっていき、新河岸川、荒川のある地域になっていきます。
254バイパスを越えたあたりからは水田が冠水し、湖のようになっていました。
そして新河岸川は、堤防ギリギリまで増水した跡が残っていて、緊迫した状況だったことを知りました。

規模の大きな回の台風は関東地方のみならず、長野や東北地方にも大きな被害をもたらしているよう。
被害に遭われた方々には、こころからお見舞い申し上げます。

201910131.JPG


201910132.JPG

EDIT

まとめて視聴

  • Posted by: 130
  • 2019年10月12日 08:36

大型の台風が夕方辺りに関東に上陸するということで、朝から テレビのニュースでは最大限の警戒を呼びかけていました。
どうやら1958年の狩野川台風に匹敵する勢力とのこと。
そう言われても、生まれてはいたものの記憶にはなく、想像できないというのが正直なところ。
午後からは徐々に雨も強くなってきて、自宅待機。
とくにやることもなかったので、先月下旬の旅行中に撮りだめしておいたテレビ番組を見ることにしました。
ちょうど良かったといえばちょうど良かったです。

20191012.JPG

基本的には「ヒロシの異郷の駅前食堂」と「世界ふれあい街歩き」3週分。
旅行前のもあったので、けっきょく通しで5~6時間見てしまいました。
このような旅番組を見ると、先ごろのひとりの旅を思い出します。
そして、やっぱり旅は自由に歩き回り、いろいろな人との触れ合うのはいいなぁ~と感じます。

ただ番組を見ていて、その旅と決定的な違いがあることを感じます。
それはテレビ番組はひとり旅っぽいですが、ひとりではなく、スタッフ数人を従えての旅。
テレビ番組なので当然のことなのですが、まったく知らない国の、知らない人達の中の、
言葉も通じない国の、たったひとりの旅とは大きく違うのです。
そのアウェイ感といったら半端ではありません。
まあ、そんな非日常を求めてひとり旅にでるとも言えるのですがぁ、、、。(笑)

EDIT

旅の思い出5

  • Posted by: 130
  • 2019年10月11日 18:43

「飛行機編」

ボクの旅の愉しみは大好きな飛行機に乗ること、窓から景色を眺めること。

そして異国の空港で見慣れない飛行機を見ることです。

まずは成田からカタール航空の飛行機A350でカタール ドーハへ。

どんなルートで行くのか、興味深かったのですが、機内のフライト情報を見ていたら上海上空から蘇州上空を通過。

上海は何度も行っているのですが、娘の住む蘇州上空を飛ぶのは初めてです。

蘇州市街地や太湖もよくわかり、なんか懐かしい感覚になりました。

DSC_3915.JPG


DSC_3924.JPG


DSC_3920.JPG

中国上空を通過し、ミャンマー、インド、パキスタン沖を通過しドーハへは早朝に到着。
ドーハの空港の大きさに驚かされました。
そして見渡す限りカタール航空の飛行機だらけ。

DSC_3930.JPG

DSC_3932.JPG


アゼルバイジャン バクーからジョージアのトビリシへはアゼルバイジャン航空の飛行機。

カラーリングがきれいな飛行機、そしてCAさんもです。

DSC_0134.JPG

ジョージアのトビリシの空港はこじんまりとした質素な空港でした。

そこえ見た機材。MYWAY AIRLINES。変わった名前のエアライン、どこの国のエアラインなんでしょう?

DSC_0140.JPG

ジョージア トビリシからアルメニア エレバンまではジョージア航空との共同運航便のアルメニア航空の機材でした。

A320でしたが、革張りのシートがよれていて古さを感じました。

DSC_0260.JPG

エレバンの空港ではいろいろな航空会社の飛行機を見ることができました。

やっぱりロシア系、アラブ系、中央アジア系の飛行機が多かったですね。

DSC_0385.JPG

DSC_0387.JPG


1569677740344.jpg


1569677740257.jpg

そしていったんエレバンからトビリシに戻り、トビリシからドーハ経由で帰途につきました。

DSC_0434.JPG

トビリシからドーハへは3時間ほどのフライト。

ドーハに午前2時前につき、7時間のトランジット。

ドーハを朝方出発し、10時間のフライトで同じ日の午後10時半に羽田につきました。

どういうわけか、帰りの航路は行きとは全く違い、イラン、ウズベキスタン、キルギス上空を通過し、

北京をかすめて羽田というコースでした。

今回の旅ではトータル7回のフライト、とても楽しい時間を過ごすことができました。

窓から外の景色や、モニターのフライトインフォメーションを見てばかりだったので結局寝不足になりましたがぁ、、、。(苦笑)

DSC_0438.JPG


DSC_0441.JPG

EDIT

久しぶりにサッカー観戦

  • Posted by: 130
  • 2019年10月10日 08:58

201910101.JPG

旅の思い出シリーズを一休みして、きょうはサッカー ワールドカップ カタールのアジア2次予選の話。
昨年、ロシアでサッカーワルドカップが開催されたと思ったら、もう次回2022年カタール大会の予選が始まっています。
きょうは埼玉スタジアムで開催された日本×モンゴル戦を見に行ってきました。
今回はボクはひとりでクルマで行き、現地でいつものメンバーと合流。
きょうは山梨から元スタッフのSくんも参戦(観戦)です。

201910103.JPG

モンゴルはかなり格下のチームで勝利は確信していたのですが、想定通り6-0と大差の勝利となりました。
人間、贅沢なもので点差がが大きくなると観戦の緊張感もなくなり、面白さに欠けた試合になります。
特に今回の試合はモンゴル。モンゴル応援席に集結したサポーターは100人あまりだったでしょうか、、、。
それに対して、日本は4万人以上の応援。
なんかモンゴル選手が気の毒な気分になってしまいました。

201910102.JPG

次はラグビーワールドカップ、スコットランド戦。こちらはTV観戦ですが楽しみだなぁ~!
やっぱりスポーツの試合は競り合う適度な緊張感が必要なんですねぇ!

EDIT

旅の思い出4

  • Posted by: 130
  • 2019年10月 9日 18:41

「食事編」

ボクは特に食べ歩きを楽しむグルメではありません。
美味しいものは美味しいと感じますが、それを食するために行動するということは滅多にありません。
海外でのひとり旅ではめいっぱい行動することが多いので、疲れ切って、なおさら食への関心が薄れてしまいます。

基本的には朝はホテルの朝食をしっかりいただきます。

昼食は出先で取ることになりますが、ランチは割とちゃんとしたレストランでも安いのでレストランで遅い昼食をとることが多かったです。

そして夕食はスーパーマーケットでパン、チーズ、ハム、そしてビール・ワインを購入し

ホテルの部屋で食べることが多かったようなぁ、、、、。

日々、歩き疲れて、外で夕食をとる元気がなくなるというパターンです。(笑)

ただせっかくの知らない国なので、一回はその国ならではの料理を食するように心がけています。

それは旅行者としての義務感のような感じで、、、、。


まずはアゼルバイジャン バクーでのショッピングセンターフードコートでの昼食。

フードコートにはマックやケンタッキーフライドチキンもあるのですが、、この手の日本でも味わえるファストフードへ絶対に行きません。

ご当地メニューのファストフードはチョイスの仕方から教えてもらわなければなりませんでした。

英語はまったく通じなかったのですが、なんとか背後のメニュー写真と料理ケースの中の料理を指差しで、

肉春巻きのような地元料理をゲットすることができました。

20191009.JPG


1都市4日間の滞在のうち、1日は、できる限りちゃんとした地元料理のレストランで昼食をとるようにしました。

この店はキャラバンサライを思わせる内装のアゼルバイジャン料理の割と有名なレストラン。

でも正直、この手のレストランにひとりで入るのは少々気が引けます。(苦笑)

201910099.JPG


これはホテルでの朝食の写真。

こんな感じの盛りで、2~3回ブッフェコーナーに通ってしっかり食べます。

201910091.JPG


これは疲れ果てて部屋に戻り、シャワーを浴びてからの部屋での夕食です。

部屋での1日を振り返りながら、ひとりの夕食の時間が結構好きです。

201910092.JPG


これまた、トビリシのホテルでの朝食。

201910093.JPG


トビリシでのイベリア料理(ジョージア料理)のレストランでの食事。

久々のライス、けっこう美味しかったです。

201910095.JPG


こちらはアルメニア エレバンでのレストランでいただいたアルメニア料理。

肉巻き野菜?これも美味しかったなぁ~、、、。

201910096.JPG


疲れて昼食も食欲がなくなると、スープ&ブレッド、そしてサラダということも何回かありました。

そのブレッドのボリュームの多さ、そしてただ野菜をぶった斬りしただけのサラダを見て、

よけいに食欲をなくしてしまいました。(苦笑)

201910097.JPG


これはエレバンの空港で9時間待ちを強いられた時の空港での昼食。

赤カブの?スープ、意外とボリューミィで美味しかったかなぁ~。

ここで3時間近く粘りました。(笑)

201910098.JPG


ということで、なんとなく現地では現地での普通の食生活を送りました。
旅の間、特に日本食を食べたくなったことははありませんが、
帰路ドーハからの飛行機の中での「そば」は美味しく感じました。
やっぱり、日本食は世界で一番ですね!
EDIT

旅の思い出3

  • Posted by: 130
  • 2019年10月 8日 13:24

20191008.JPG


「出会い編」
旅を終えて感じるのは、旅先での出会いの楽しさです。
今回旅した国々はそれぞれの母国語があり、もとソビエト連邦に属していたとういうことからロシア語も通じる国々でした。
ただ英語が通用したのはホテルや一部のレストランだけ。
友人からは、流行りの「ポケトークを持っていけばぁ~!」という勧めもありましたが、
あえて片言の英語が通じない時は、できる限りの身振り手振りでコミュニケーションを取ることを覚悟して出かけました。
そして、その結果は多少不自由をしたシーンはありましたが、片言の英語が話せれば
なんとかなるものだということを実感したのです。

ひとり旅のボクは、飛行機で隣の席の人になった人とは積極的に話しかけるようにしています。
成田からドーハまでの隣の人は控えめな日本人カップルで、あまり会話が弾みませんでしたが、
ドーハからバクーまでの隣の席はバクーへのグループツアーの一行のシンガポールの初老の御夫婦でした。
英語での会話だったのですが、週末開催されるF1シンガポールグランプリの話やきれいなシンガポールの街の話で盛り上がり、
来年はぜひシンガポールへ来てくださいとのこと。

バクーからトビリシへのフライトでのとなりの席の人はキルギスからのカップル。
トビリシへはクルマを買いに行くとのこと。
トビリシは日本車の中古車が安く手に入るようで、購入してキルギスまで運転して帰ると言っていました。すご~い!3~4000キロはあるのでは、、、。
話をしているうちに中央アジアのキルギスも行ってみたくなってしまったのです。

トビリシで参加した1日かけてのグループバスツアーでは、自己紹介などをしながらいろいろな国の人と交流を持つことができました。
ポーランドのクラクフから来た若い女子2人。
クラクフは以前、テレビの街歩き番組で見たことがあったので、美しい広場やそれを囲むカラフルな建築の話をしたら、とても喜んでくれました。
バスツアーメンバーにはメキシコからのひと、カナダ トロントからの人、スエーデンからのカップル、ミュンヘンからの初老の御夫婦、
アメリカシアトルからのカップルは最近東京に行ったといっていて、奥さんはアートフラワー作家だそうで新宿の世界堂の品揃えに驚いたと言っていました。
その他、いろいろな国のいろいろな人達と話すことができました。
これもひとり旅ならではのことのようにも思います。

そして感じたのは、ほとんどの旅行者は英語が普通に話せるということ。
同時に、自分自身の英語力の未熟さを再確認させれられたのです。
これからも地味~に英会話の勉強、頑張りたいと思いました。

EDIT

旅の思い出2

  • Posted by: 130
  • 2019年10月 7日 18:38

「ホテル編」
航空券と同じようにホテルもネットで事前に予約して行っています。
ボクの旅は出来るだけひとつの街の同じホテルに3泊滞在するようにしています。
まず、1泊だけではその街のことはわかりません。
2泊では中日で観光地めぐり程度しか出来ないので、どうしても最低3泊は必要に思えるのです。
知らない国、知らない街での3泊4日間滞在するホテル選びは旅の善し悪しを決めるかなり重要な要素。
今回はインターネットのブッキングドットコムでホテルを予約していきました。
ホテル選びはまず予算からですが、ボクの場合は1泊7000円前後で朝食付きが条件。
そして重要なのが市街地中心部からできる限り500m以内ということ。
グーグルマップとホテルの地図を見比べながら検討します。
できる限り徒歩移動を心がけているので中心部に拠点があったほうが移動が便利なのです。
インターネットのサイトからは建物の外観・内観・部屋の写真を見ることができ、
いろいろなサービスも確認できるので便利です。

今回のホテル。まずアゼルバイジャン バクーの「スクエア イン」は公園に面した
古い中層の商業ビルの5階にあるホテルでした。
外壁のトタンが剥がれかかっていたようで、夜、風が吹くとバタバタうるさく、困りました。
また、窓のカーテンを閉めようとしたら、落ちてしまいました。
10点満点で7.5点かな?

ジョージア トビリシのホテルは「ホテル ルスタべリ」東京で言えば表参道のような場所にあるホテル。
ここも5階建のふるーい建物の3階をリノベーションしたホテルでした。
天井が3m以上あったでしょうか、、、なかなか落ち着いた内装が良かったのですが、お湯の出が悪かったなぁ~。
まあ、スタッフの対応が良かったので8.0点です。

201910072.JPG

アルメニア エレバンのホテルは「NOVA ホテル」
ここは割と新しいホテルで、日本で言えばデザイナーズ ホテルという感じで、デザインにかなりこだわているホテルでした。
スタッフのサービスも、雰囲気も値段以上に感じました。
ここは8.5点です。

201910073.JPG

今回の旅で特に感じたのは、ホテルだけでなく、空港などでも便器の横におしり洗浄用のシャワーが完備されているということ。
普通のシャワーサイズではなくキッチンシャワーサイズっていう感じ。
水だけのところもあればお湯も出るところもありました。
試しに使ってみたのですが、水圧の調整がとても難しかったですが、慣れれば良いのかも、、、。
ただ他人が使用したシャワーヘッド周りに触れるのには抵抗がありましたが、、、、。

201910071.JPG

ということで、今回の旅行のホテル選びは平均点8.0点だったのでまあまあだったかなぁ~。
こんなホテル選びも、旅の楽しみのひとつです。

EDIT

旅の思い出1

  • Posted by: 130
  • 2019年10月 6日 18:11

今年は9月18日から30日までの13日間、コーカサス地方へ旅をしてきました。
なぜコーカサス地方か?
昨年旅したベラルーシはロシア(アジア)とヨーロッパの境目にあり、
その歴史や文化など、とても興味深い国に思えました。
そこで、今年はアジアとヨーロッパ、そして中東との境目であるコーカサス地方に行ってみたくなったのです。
そのコーカサス地方と呼ばれるコーカサス山脈南側の隣あったアゼルバイジャン、ジョージア、アルメニアの3カ国は、
3カ国合わせても日本の半分ほどしかない小さな国々。
アゼルバイジャンとジョージアは北海道くらい、アルメニアは九州程しかありません。
隣あったそれぞれの国々は、構成民族も、言葉も、宗教も、通貨も違い、それぞれ独特の文化があることを知りました。
そこで今回の旅で感じた3カ国の違いなどを書いてみたいと思います。

「クルマ編」
コーカサスと方のどの国の国民もクルマを大切に使う文化が無いようでした。
アゼルバイジャンは旧ソビエト時代の古い乗用車がいまだにかなりの数走っていました。
そして運転が荒い。
横断歩道がなく信号が少ない。特にクルマ優先の国に感じました。

201910061.JPG


ジョージアの首都トビリシはプリウス(中古の)だらけ。
ロシア国境近くにあるツミンダ教会に行った時は、途中で四駆のワゴンに乗り換えていったのですが、その全てのクルマが三菱デリカでした。
聞くと新しいタイプのデリカはダメで、旧型がベストだと言っていました。

201910066.JPG

アルメニアは3カ国の中ではもっとも質素な感じがしました。ソビエト時代のトラックや重機など、
日本で言えば戦後のような感じのクルマがおおかったような、、、、。
そんななか、どこに行っても日本の乗用車の中古車が活躍していました。
首都エレバンから100キロほどあるセヴァン湖に行ったときのタクシーも中古のトヨタ イプサム。
リアガラスにジュビロ磐田のステッカーが貼ってありました。
日本からの中古車なのになぜかすべて左ハンドルの車ばかり、、、不思議に思いドライバーに聞いてみたところ、
どうやら日本からドバイに渡り、そこで右から左に変えて中古車市場に出るそうです。

また、驚いたのはアルメニアでのこと。
ガソリン車がすくなく、ガス仕様のクルマが多かったこと。LPGかと聞いのですが、違うとのこと。
○○ガスというその単語の意味がわからなかったのですが、おそらく天然ガスなのでしょう。
ということで、コーカサス地方でも日本車は大人気、大活躍をしていました。
それにしても、どの国も割と運転があらっぽく、かなり飛ばす印象でした。


201910062.JPG

EDIT

地磁気観測所 一般公開へ

  • Posted by: 130
  • 2019年10月 5日 17:11
201910051.JPG

大学の非常勤講師のKさんのFBで、きょうだけ、気象庁の地磁気観測所の一般公開があるという情報を得ていました。
このところ風邪気味で体調がいまいちだったので家でゆっくりしていようと思っていたのですが、今朝起きると快晴。
ちょうど4Cも3週間も動かしていなかったので、ドライブがてら行ってみることにしました。
場所は茨城県石岡市。行きは関越道を下り、圏央道で筑波まで行き、そこから常盤道の千代田 石岡ICで下り、石岡市柿岡にある現地へ。
その観測所には、大正時代の建築物がそのまま残っているのです。
なぜ、そんなところに観測所があるのかというと、できる限り人里離れたところで観測する必要があったとのこと。
ただし、当時、東京から1日で行くことができるという条件もあったそうです。
また、なぜいまもそのまま建物が残っているのかお聞きしたところ、当時の建物はほとんどが木造で鉄を使っていないので観測に適しているとのこと。
現代の建築は鉄などの様々な金属を使用しているのであまり向いていないとのことでした。
それほど地磁気というのは繊細なものなのだそうです。
職員の方々が詳しく説明をしてくださり、たしかに測定器に人が近づいただけで数値が大きく動いていました。

広大な敷地に点在する建築は、ほとんどが大正時代に作られた洋館。
なんか、東ヨーロッパの田舎に迷い込んでしまったような錯覚に陥りました。

敷地内を見学コースに従い、随所に職員の方々がいて、地磁気観測について詳しく説明をしていただき、
物理学を仕事にしている方々は、みなさん真面目でやさいい方々ばかりに思えました。

帰りはコースを変えて、常磐道から外環道、関越道というコースで。
愛車も久しぶりに高速を走れて喜んでいたようです。(笑)

201910052.JPG


201910055.JPG


201910053.JPG

201910054.JPG

EDIT

ファサード(外装)デザイン監修

  • Posted by: 130
  • 2019年10月 4日 16:42

今日は朝イチでクルマで初台の現場へ。
通常、初台へはクルマで行くのですが、きょうは現場に設置する「建築計画のお知らせ看板」を
持っていかなければならなかったので。
やはり朝の道路はそこそこ混んでいて、いつもであれば1時間足らずで行けるのですが、
きょうは2時間弱かかってしまいました。

現場へ行くと、既存部分のリノベーションが終わり、足場が取れていました。
リノベーション自体は我が事務所ではないのですが、ファサード(外観)のデザイン監修をお手伝いさせていただきました。
リノベーション前と後の写真を比べると、変わり具合がよくわかります。
クライアントにはとても喜んでいただけているようでよかったです。

今度は、隣での増築工事。こちらは我が事務所で設計監理をさせていただいています。

20191004.jpg

P1170757.JPG


夕方からは、H小学校の会議室をお借りして開催された現在計画中の「地域密着型特別養護老人ホーム開設に伴う説明会」へ。
8月に第1回目を開催し、今回は2回目の説明会で、近隣住民の方々20名あまりの方にお集まりいただきました。
まずはN理事長のあいさつ、そしてI副施設長に地域密着特養についての詳しい説明をしていただき、
最後にボクが建築計画について説明させていただきました。
この施設は地域のみなさんのための施設なので、地域に愛される施設になるよう、設計者としても頑張りたいと思います。

EDIT

体調不良

  • Posted by: 130
  • 2019年10月 3日 10:32

月曜日の深夜に帰ってきてから、それ以来、のどと鼻の調子が悪く、昨日からは声も出にくくなってしまいました。
汚い話で恐縮ですが、膿みのような鼻水が出てきます。

ということで、今日は朝一番でT医院さんへ受診に。
8時半過ぎに家を出て行ったので1番目でした。
喉が赤く腫れているとのことで、炎症を抑える薬を処方してもらってきました。
それにしても声が出にくい、、、。
明日の午前中は初台でお知らせ看板設置、午後は来客予定が有り、夜は、新規プロジェクトの住民説明会があります。
この声で説明会での説明が大丈夫か、ちょっと気になります。
状況によってはスタッフのKさんにお願いすることになるかも、、、、。

きょうも早めに風呂に入って、夕食を済ませ、さっさと寝ることにしま~す!

20191003.JPG

EDIT

とりあえず飛行機を振り返って!?

  • Posted by: 130
  • 2019年10月 2日 10:27

20191002.JPG


昨晩は9時に寝て10時間ほど睡眠を取ったのですが、鼻が詰まっていて、熟睡できませんでした。
まだ調子はいまいち。

空いた時間を見て今回の飛行機を振り返ってみました。
今回は7回のフライトがあったのでうが、そのエアチケットは全て自分で探し手配したもの。
航路の検討、そして航空会社選びは、旅をする前からの結構楽しい作業です。

昨年は中国北京経由でベラルーシに行ったのですが、今年は中東経由にしてみました。
今回利用したカタール航空は、エアライン オブ ザ イヤーに連続で選ばれているという評判の航空会社。
乗ってみるとたしかに機材は新しく、料理はメニューが配布されてから出され美味しい。海外の航空会社なのに和食もあるのです。
CAのサービスも素晴らしかったのですが、美人ぞろいかというとぉ、、、、。
印象として、中央アジアの体格の良いCAさんが多かったような気がします。

アゼルバイジャンからジョージア、アルメニアのフライトはスペイン バルセロナの代理店からチケットを購入しました。
このあたりのチケットを扱っている日本の代理店(H.I.Sやエアトリなど)がないのです。
ということでネットで予約したのですが、どういうわけかeチケットも出ず、当日のチェックインまでは多少不安だったのですが、
なんとか無事にチェックインすることができました。
最近はパスポート提示だけで、eチケットも不要になっているんですね。

アゼルバイジャン航空ではボーディングブリッジから見えた若くて美人のパイロットには驚かされました。
ジョージアからアルメニアの往復はジョージア エアウエイズで予約を取ったのですが、アルメニア エアウエイズとの共同運航便となっていて、
一瞬戸惑ったのは便名は同じなのですがジョージア エアウエイズの表示がまったくされていなかったこと。
ただし、アルメニア エアウエイズのCAさんは超美人ぞろいでよかったです。笑

ということで、全体的には今回も航空会社選びと、フライトのスケジューリングはまあまあだったでしょうか、、、。
カタール航空は長時間の空の旅にはとてもふさわしいと感じました。

EDIT

きつかったぁ~

  • Posted by: 130
  • 2019年10月 1日 11:11
昨日は午前1時に帰宅。
それから風呂にお湯をお入れ、まずは洗濯から。
出先のホテルで1回洗濯はしたので、1週間分の洗濯物を持ち帰っていました。
それから荷物の整理やら、溜まっていた郵便物の確認やら、洗濯物を干したり、、、、
結局、寝たのは3時になってしまいました。

今朝は7時過ぎに起床。4時間しか寝ていません。
その前も飛行機の中ではほとんど寝ていないので、完全に睡眠不足です。
きのうあたりから、どうも喉と鼻の状態が良くなくちょっと熱っぽい、、、。

きょうの午後は大学の授業、先週はお休みをいただいたので、今日は休むわけにはいかないのです。
ということで、いつもよりも時間を割いて学生のエスキスチェックをしてきました。
後半は熱っぽさが増し、声も出ない、、、。
10人ほどのエスキスを見たのですが、最後の2人からがけっこうきつかったなぁ~、、、。
先週の分もと、頑張りました!
例えると、ハーフマラソンの20キロ地点を走っている感じ?!(苦笑)

6時過ぎに授業を終え、帰途に。
帰りがけ、楽しみにしていた明日の飲み会のお断りの連絡を入れ、ドラッグストアで風邪薬とユンケル、そしてスーパーで寿司を購入して帰宅。

早々に食事を済ませ、風呂に入ってベッドへ直行。
明日は治っていますように、、、。




20191001.JPG
EDIT

Index of all entries

Home > Archives > 2019年10月 Archive

Calendar
« 2019 10 »
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Navi

いさおのBLOG1(2008年10月まで)

スタジオ4設計のHPに戻る

Recent Entries
Recent Comments
Links
Search
Feeds

Return to page top