Home > アルメニア人虐殺記念館

アルメニア人虐殺記念館

  • Posted by: 130
  • 2019年9月27日 10:02

エレバン滞在3日目。

きょうは郊外にあるアルメニア人虐殺博物館、そして市内にあるアルメニア歴史博物館に行ってきました。

ガイドブックによると虐殺博物館ヘはバスの便が悪いのでタクシーが賢明とあったので、

市内でタクシーを拾い、郊外の丘の上にある博物館へ。

かなり辺鄙なところで、タクシーの運転手が言うには、ここはタクシーが来ないところだから待っててあげるといいます。

そこで、40~45分で急いで見学し、そのタクシーで市内に戻ったのですが、その料金を聞いてびっくり!

15000ドラムとのこと。

空港までの距離が20キロほどで3000ドラムと聞いていたのでわずか、今回は片道10キロ、

待ち時間を入れても5000ドラムくらいかと思っていたのですが、、、。

またしてもぼったくられてしまいました。

アゼルバイジャンもジョージアも、そしてエレバンもタクシーのメーターがないので、ドライバーの言い値、観光客はいいカモになってしまいます。

どうしてメーターをつけないのでしょうねぇ~。

アルメニア人は敬虔なキリスト教信者と聞いていたのですがぁ、、、残念な気持ちになります。


話がそれましたが、この虐殺博物館は是非行ってみたかった博物館です。

オスマン帝国に支配されていた今から100年前、アルメニア人役50万人が虐殺されたり、国外に追放されたりしたとのこと。

その悲惨な過去の写真や資料を見ることができました。なんとなくイスラエルのユダヤ人のことを思い出します。

そういえば以前、上海にある日本軍による中国人虐殺博物館に行ったことはがありますが、内容が似ていました。

他国に侵略されたり、他宗教に弾圧されたりした民族は、むしろ強い民族意識と団結力が芽生えるのでしょうか。

その点、日本はと考えてみると、強者の立場で侵略を繰り返し、虐殺をした立場のよう、2度とこのようなことのないことを祈るばかりです。

記念碑の中央の絶えない炎の横にはたくさんの花が手向けられています。

そこで、5~6人の家族ずれに声を掛けられ、スマホで全員の写真を撮ってほしいとのこと。

聞くと、オーストリアから来たアルメニア人家族で、先祖がここに眠っていると教えてくれました。


E10A70C2-511F-426D-AABB-F30E40386EC4.jpeg

3C52B55D-8F11-4FB7-A3B5-F9DC014753AE.jpeg

A3175BDF-2BB7-4DC1-A226-3FFFF838C4A1.jpeg

それから、市内の共和国広場前にあるアルメニア歴史博物館に行きました。
ここには古代文明の時代から近代までのアルメニアの歴史が詳しく展示されています。
ただ、解説がアルメニアアルファベットなので、内容がわからないのが残念。
このエリア歴史はメソポタミア文明までさかのぼるようです。
やはり歴史ある民族であることの誇りを感じました。


17D9EC2E-6B0F-47F5-9D2B-5825E8B84F55.jpeg

きょうは疲れたので、夜はカフェで軽くスープにサラダでとおもい注文したところ、出てきたパンの量にびっくり。
そしてきゅーりとトマトをぶつ切りにしただけのサラダにもびっくりです!
ただでさえ食欲がなかったのに、ますます食べる気がしなくなりました。(苦笑)
明日はアルメニアを離れは、ジョージアに戻ります。

DD3D3AB5-DF2B-44E5-AA9B-D7DC42B941AB.jpeg









EDIT

Comments:0

Comment Form

Home > アルメニア人虐殺記念館

Calendar
« 2019 9 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Navi

いさおのBLOG1(2008年10月まで)

スタジオ4設計のHPに戻る

Recent Entries
Links
Search
Feeds

Return to page top