Home > トビリシからエレバンへ

トビリシからエレバンへ

  • Posted by: 130
  • 2019年9月25日 10:35
IMG_2385.JPG

きょは朝5時に起き、6時にホテルを出てタクシーでトビリシの空港へ。
空港のフライトインフォメーションを見て分かったのですが、このフライトはジョージア航空とアルメニア航空との共同運航便のよう。
さっそくチェックインカウンターでチェックインをしたところ、予約していた座席と違う通路側、、、。
なぜぇ~と思っていたら、わかりました。機材がエンブラエル190からボーイング737に変わったからみたい、、、。
窓の外の風景を見るのを楽しみにしている旅なのですが、、、仕方ありません。
ちなみに、ジョージアはジョージア語で、文字も独特のジョージアアルファベットを持っています。
ボクにはアラビア文字にも見えてしまうのですがぁ、、、。


IMG_2386.JPG

30分あまりのフライトでアルメニア エレバンの空港に到着。
入国審査でパスポートを見せたら、アゼルバイジャンへの入国経歴をみて、「何しにアゼルバイジャンに行ったのか?」としつこく聞かれました。
ツーリズムと答えたのですが、エレバンでの滞在先、携帯電話番まで書かされました。
よくよく考えると、アルメニアとアゼルバイジャンは仲が悪く、いまでも国境周辺では小競り合いが続いているようです。

空港でタクシーを探そうとしていたら、白タクの青年に声を掛けられ、宿泊先のホテルの名前を言ったら○○で行くといいます。
(到着早々で通貨の単位がまったく理解できていない状況、、、、)
事前情報では物価は日本の4分の1と聞いていたので、多少高くてもいいかぁ~とおもい、
その青年のクルマに乗って市内のホテルへ。
ホテルについてハウマッチと聞くと、10000ドラムとのこと。
ガイドブックでは4500ドラムと書いてあったので倍じゃん!!!
そこで言い争っても仕方ないし、30キロほど乗って日本円にしてみれば2500円は
それほど高くはないかなと自分に言い聞かせてタクシーをおりました。
まあ、これも経験です。(苦笑)

ホテルに荷物を預け、チェックインタイムの前に市内散策をすることにしました。

まずは、市の北側にある、カスカードという巨大階段。
この階段、以前テレビの街歩き番組でで見たことがあります。
高さ50mの頂部には展望台があり、そこまでは500段以上の階段を上っていきます。
地下にエスカレーターもあるようでしたが、せっかくなので往復歩いてみました。
階段の最後はまだ工事中(工事がとまったまま)になっていて、いったん一般道を経由して展望台に向かいます。


IMG_2387.JPG



IMG_2388.JPG



IMG_2389.JPG



IMG_2390.JPG

展望台からは、エレバンの街全体と、その先にはこの地域の最高峰アララト山がみえました。
このアララト山ですが、ノアの箱舟が漂着したといわれるクリスチャンにとって信仰的には重要な山だそうですが、ほとんどがイスラム教徒であるトルコの領土だそうです。
キリスト教を世界で初めて国教と定めたアルメニアにとってはさぞかし残念なことなのでしょう。.

IMG_2391.JPG



IMG_2392.JPG

カスカードを降りてきて市内散策。
どうやら、ソビエト時代に、古い街並みのほとんどが破壊され、新しく作られた街のよう。
街路はきれいに区画されていて、昨年訪れたベラルーシの街並みを思い出しました。

きょうの散策は早めに切り上げ、ホテルに戻り、これから明日からのスケジュールの検討です。

IMG_2393.JPG



IMG_2394.JPG




IMG_2395.JPG

EDIT

Comments:0

Comment Form

Home > トビリシからエレバンへ

Navi

いさおのBLOG1(2008年10月まで)

スタジオ4設計のHPに戻る

Recent Entries
Links
Search
Feeds

Return to page top