Home > 徒歩の旅

徒歩の旅

  • Posted by: 130
  • 2019年2月 6日 18:03

20190206.jpg

昨年夏、広島で行方不明の幼児を発見して一躍有名人になったスーパーボランティアの尾畠さんが、
いま東京から大分までの1300キロを、リヤカーを引いて徒歩の旅をしているというのをニュースで見ました。
そのニュースを見て、かつて同じようなことをした人たちを思い出しました。

その一人は、昨年秋に講演を聴きに行った坂口さん。
彼はシルクロードの2800キロをロバ車と自転車で走破した人でした。
現地でロバと台車を購入し、トルファンまでの旅は大変なことばかりだたようですが、
いろいろな人との交流は何物にも代え難いことと言っていました。

そしてもうひとりは、3年前に長野県大町市で立ち寄ったカフェ美麻コーヒーのオーナーの塚口さん。
塚口さんはポルトガルのロカ岬からスイスのジュネーブまでの2240キロを徒歩で旅をしたという方です。
塚口さんは「90日間 ヨーロッパ歩き旅」という本も書かれていて、ボクも拝読しましたが、
徒歩の旅の日々記録は、自分も一緒に旅をしている気分になります。

なぜ徒歩の旅なのか、、、。
徒歩の旅には、他の旅では得られない徒歩ならではの深い意味があるのでしょう。
徒歩の旅は、ただ目的地に行くことだけではなく、その旅の途中での人との交流、トラブル、
自分自身との対話など、そのプロセスに大きな意味があるようです。

ボク自身も、そんな徒歩の旅には大変興味はあるのですが、なかなか実行する勇気がないというのが正直なところ、、、。

尾畠さんの徒歩の旅の安全を祈念しています。

EDIT

Comments:0

Comment Form

Home > 徒歩の旅

Calendar
2019 2 »
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
Navi

いさおのBLOG1(2008年10月まで)

スタジオ4設計のHPに戻る

Recent Entries
Links
Search
Feeds

Return to page top