Home

いさおのブログ2

レモンの収穫?!

  • Posted by: 130
  • 2019年4月20日 18:19

五反田まで

  • Posted by: 130
  • 2019年4月19日 18:02

きょうの午後は、以前K大学で一緒に非常勤講師をしていたI先生のところへお邪魔して、
老人福祉施設の設計に関してのお話をお聞きしてきました。
事務所は五反田にあります。
I先生は特養などの設計経験が豊富で、ちょうど2月にも杉並に竣工した規模の大きい特養を見学させていただいたところ。
近年の特養のユニットケアの設計ポイントなどを中心に、タメになるお話をお聞きすることができました。
そしてボクたちはあくまでも建築設計者であるので、建築以外の事業コンサル的な動きはしなくて良いのだと改めて感じた次第です。

久しぶりに出かけたついでに、帰りがけに池袋のTデパートの靴売り場に立ち寄ったら、
ちょうど欲しかったタイプの靴があったので購入。
ちなみに24センチサイズの靴はバリエーションがなかなか少ないのです。
ついでに靴クリームも一緒に。
そして本屋さんにもより、来月のラジオ英会話のテキストも購入して夕方帰宅。

市議会議員選挙が明後日となり、駅周辺は選挙カーで賑やか過ぎました。
みなさんのあのエネルギー、もっと有効に使えたらいいのになぁ~、、、なんてね。


201904191.JPG

EDIT

前向きに

  • Posted by: 130
  • 2019年4月18日 08:43

敷地の狭い都市型住宅はおのずと3階、4階と上部に階を重ねていくことになります。
その際、建築の法令では階段の竪穴区画という面倒な法規制が発生し、
1軒の住宅でも一定の階以上になると階段部分の区画を要求されるのです。

そんな中、緩和措置的にメゾネット住宅であれば床面積200㎡以内で3層までは竪穴区画が不要というのがあります。
その法令の解釈について、確認審査機関に行って、当方の考え方を伝えたところ、
対応していただいた方から検討の余地ありとのことで、回答を待っていたのですが、けっきょく認められないとのことでした。
正直、その回答にはいまだに納得できないのですが、こればかりは仕方ありません。

ということで、きょうは気持ちを切り替えて、前向きにプランニングを進めることに。
改めて、そのプランを見返してみると、より良い考えも浮かんでくるものです。
粘い強く、前向きに!
う~ん、設計の仕事も、マラソンも、一緒だなぁ~、、、なんてねぇ。


20190418.JPG

EDIT

審査機関のはしご

  • Posted by: 130
  • 2019年4月17日 14:34

現在計画中の都市型住宅があるのですが、そのような敷地の狭い住宅の設計はおのずと
法規制ぎりぎりを攻めて行くことになります。
そんな中で、どうしても建築基準法の法令集だけではわからない点が発生してきます。
そこで、きょうは民間の確認審査機関に行き、事前相談をしてきました。

きょうはまず、川越にある審査機関へ。
早速対応してくれた窓口の方は、どうも狭小都市型住宅に慣れていないようで、
こちらがこまかい法令の解釈を説明するような感じ。
これでは、こちらが考えていることがまったく伝わりません。
そこで、そこでの相談は早々に切り上げて、次はさいたま市にある審査機関へ。

こちらの担当していただいた方は、いろいろと丁寧に法解釈を説明をしてくれると同時に、
こちらサイドの法解釈についても耳を傾けてくださり、理解していただけました。
その結論に関しては、やはり微妙ということで、後日回答を頂くことになったのですが、
同じ確認審査機関でもこれほど対応が違うとは、、、、。

やはり建築確認審査が民間に解放されたということは、施主の立場、設計者の立場になって、
前向きに?!確認審査をしてもらえるということが最も求められるのでしょうねぇ~。


v>20190417.JPG

EDIT

はじめましてのエスキスチェック

きょうの午後はK大学八王子キャンパスへ。
いつもとおり、圏央道入間ICまで下道で行き、そこからあきる野ICで高速を降りて大学へ行きます。
途中、狭山市入曽にあるセブンでおにぎりを買い、車内で昼食。
このコースの場合はすべて高速のコースと違い、ほぼ倍の1時半~45分かかってしまいますが、
高速道路料金は半額で済みます。
時間に余裕がる時はこのコースに限ります。

きょうから各教員担当のグループに分かれて1回目のエスキスチェック。
まずは設計の授業を始めるにあたり、授業に対する心構えなどを話しました。
具体的には、いつも初めに話すことなのですが、授業は欠席しないということ。
授業料が年間約100万円。授業のある日数は年間150日程度しかないので、
1日あたりの授業料は6500円程ということ。
設計の授業の日は午後の2時限のみなので、1限が3250円ということになるのです。
仮に欠席したとしたらその6500円はドブに捨てるようなもの、そう考えたら絶対に休む気にはならないでしょ!という話。
そして設計の授業は、空いてる時間さえあれば時間外でも各先生方のエスキスを受けることができるので、
授業料以上の元はとってか帰りなさいということなのです。

嬉しことに2年生はまだまだ純粋です。
みんな真剣な顔をしてボクの話を聞いてくれました。
これから5月下旬の提出まではこのグループのメンバと毎週一緒に作業を進めていきます。
お互いにこのグループで良かったぁと思えるよう、有意義な時間を共有できたらと思っています。

20190416.JPG

EDIT

設備設計者と現調&打ち合わせ

きのうは家に帰ってからF1中国GPをネットで観戦しようと思っていたのですが、
ビールを飲みながら昼食を食べたら、速攻睡魔に襲われ、気が付いたら夕方の5時。
慌ててF1決勝の結果を見ると、レッドブルのフェリスタッペンが4位でガスリーが6位とのこと。
前回のバーレーンの結果と比べれば、まあまあというところでしょうかぁ、、、。
次回はアゼルバイジャン、より期待してます。

20190415.JPG

きょうは午後一番で設備設計をお願いしているKさんと一緒にTG社本社での打ち合わせに行ってきました。
いよいよ実施設計に入って行くにあたり、設備の現地調査もしてもらわなくてはいけません。
まずは本社で建築の必要諸室の細かい打ち合わせなどから。
全体の延床面積の制約のある中なのですが、やはりこれは譲れないという各部署の要望があるようです。
特に感じたのは、まさにこれからは女性活躍・女性進出の社会で、宿直室も女性専用室を考慮しなくてはならないということ。
当然といえば当然な話なのですが、いままでそのような要望が無かったので、ちょっと驚きました。
帰りがけに、Kさんと敷地を再度調査。
流石に設備設計者、同じ現調でも視点が違うのを実感。
これも当然ですね。

EDIT

まあまあだったかなぁ~

201904141.JPG

きょうは「かすみがうらマラソン」の日。といってもボクは10マイル(16キロ)の部です。
朝はいつも通り5時前に起床し、6時前には家を出ました。
土浦の会場へは外環道の和光ICから入り、常磐道の桜土浦ICへ。
桜土浦ICからすぐの大会指定の市営グランドの駐車場へクルマを置いてシャトルバスで会場へ。
ところがこの大会の変わったところは、シャトルバスを降りても、会場まで1キロ近く歩かされることに、、、。
その途中にはランナーズビレッジと称して地元の商店などの出店が連なった長いモールになっていました。
ただでは帰さないということなのでしょうか、、、。(笑)

10マイルは9時20分スタート。
霞ヶ浦周辺はフラットコースだろうと思っていたら、2~4キロにゆるめのアップダウンが。
中盤から後半は霞ヶ浦湖畔を走る単調なコースでした。
いつも思うのですが、初めてのコースは1キロ、1キロが長~く感じます。
そんな中、後半の沿道の地元中学生の声援やハイタッチにはとても励まされました。
目標は1時間30分切りだったのですが、けっきょく結果は1時間31分30秒。
っていうことはキロ5分43秒かぁ~、、、まあまあっていうところでしょうか。
なんとか次はキロ5分30秒キープしなくてはハーフの2時間切りができないよぉ。

201904142.JPG

午後からは雨が降るという天気予報だったので、早めに荷物をたたみ、シャトルバスで駐車場へ。
帰りは、来た時とは違うコース、圏央道で帰ることにしました。
圏央道経由のルートは距離が長くなってしまうのですが、高速料金は同じよう。
疲れきったカラダで、行きとは違った景色を楽しみながらの高速ドライブ、
なぜか疲労感とともに充実感を感じる幸せな時間でした。

EDIT

Index of all entries

Home

Calendar
2019 4 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Navi

いさおのBLOG1(2008年10月まで)

スタジオ4設計のHPに戻る

Recent Entries
Recent Comments
Links