Home

いさおのブログ2

いろいろと寒かったなぁ~、、、。

  • Posted by: 130
  • 2018年12月11日 08:46

きょうの午後はK大学八王子キャンパスへ。
朝から気温が低く、夕方からは雨から雪になりそうという予報だったのでシビックで出かけました。
以前は、三芳スマートICから関越道に入り、鶴ヶ島JCから圏央道であきる野ICに向かっていたのですが、
最近は狭山から入間へ下道で行き、入間ICから圏央道に入るルートで行っています。
三芳から、あきる野までの高速代は1550円、それに比べて入間から、あきる野は660円と約900円、往復で約1800円も違うのです。
ちょうどガソリン代くらいでしょうか、、、。
時間的には20分~30分の違い。だったら早めに出て入間ICまで下道でということになりました。

きょうは第2課題の最終エスキスチェックの日でした。
毎回のことなのですが、どういうわけか最終エスキスチェックの日は出席率が落ちます。
ボクのグループは4人欠席で出席率65%というちょっとお寒い状況。
1週間前になって、エスキスで何やら言われたところでもう対応できないということなのでしょうか。
家で、じっくり作品製作に専念しているということであればよいのですがぁ、、、。

ということで、授業は早めに終わり帰途へ。
早々に日も暮れて、真冬のような寒さに加え小雨がぱらつき、キャンパスはなんか寂しい気分、、、。
車中は、チャイライツのColdest dayがぴったりはまっていました。

20181211.JPG
EDIT

そろそろ収穫時?!

  • Posted by: 130
  • 2018年12月10日 08:37

1週間前の千葉マリンマラソンから1週間。
この1週間は早朝ジョグをやめて休養していたのですが、今朝からはじめることにしました。
昨夜は早めに寝たせいか、今朝は4時半過ぎに目が覚めてしまい、5時前に起床。
まだ暗いなかをジョギングに。6時過ぎに戻ってきたのですがまだ薄暗い、、、。
あとでネットで調べてみたら、きょうの日の出は6時37分とのこと。
この10日間ほどで10分以上遅くなっているよう。
ちなみにもっとも日の出の遅いのは1月6日、7日あたりで6時51分のようです。
まだまだ日に日に夜明けが遅くなっていくんですねぇ~どんどん真冬に向かっていく感んじです。


20181210.JPG

我が家のホールの階段踊り場にあるレモンの木の実がどんどん成長し、レモン色に色付いてきました。
高さ30センチにも満たない小さな鉢植えの木にちゃんとレモンがなっているんです。
このレモン、収穫したほうが良いのか、そのまま放置すべきか、、、、う~ん、悩みます。

EDIT

ひとりキャンプ

  • Posted by: 130
  • 2018年12月 9日 09:50

20181209.JPG

きょう、溜まった新聞を読み返していたら、ヒロシの「ぼっちキャンプ」での焚き火の記事をみつけ、興味深く読みました。

この番組はBSで放映されていて、芸人ヒロシがジムニーに乗って山に行き、ひとりでキャンプをするという番組。
テレビ番組なのでひとりといってもスタッフ数人は同行しているはずですが、、、
設定は中古のふる~いジムニーに乗って山の中でひとりで焚き火をし、
簡単な料理を作ってハンモックで寝るという「ぼっちキャンプ」です。

この新聞記事では、焚き火の楽しさ、面白さ、難しさ、そして人は焚き火の火を見るとココロが癒されるのでは、、、
ということが書いてありました。
確かに薪の燃える炎には家電製品にはない安らぎがあるように感じます。
そしてその炎を、ひとりっきりの山の中というシチュエーションで見るというのは何とも言えない気持ちになりそう、、、。
大事なのはひとりぼっちでというところなのでしょう。

ボクも30代の頃、オフロードバイクにシュラフとテントをくくりつけて、よくソロツーリングに出かけていました。
ひとりきりで、キャンプ場でもない山の中で寝るときの恐怖感にも近い孤独感、
そんな非日常的な感覚はなんとなくわかります。
ほんとうにひとりぼっちなんだ!ということを感じることが快感?のようにも感じました。(笑)

人間は、たまには日常からあえて飛び出し、山の中で焚き火を見ながらひとりぼっちの感覚を味わう時間も必要なのかもしれませんね。
なんかやってみたくなってきましたぁ~、、、。(笑)
とりあえず、ひとりで薪ストーブ燃やしてみっか、、、ぼっちストーブ。

EDIT

優秀賞だそうです。

  • Posted by: 130
  • 2018年12月 8日 17:12


201812092.jpg

昨晩は盛り上がった忘年会につづき、2次会にも参加。
楽しすぎる夜でした。
けっきょく帰宅したのは12時近く。速攻、ベッドへ直行でした。

きょうは休みだったので久しぶりに8時近くまで朝寝坊。
やっぱりボクの体は8時間以上の睡眠が必須のようです。

昨晩の宴会で、後から来たスタッフのKさんから聞いてはいたのですが、
我が事務所の設計による「AM幼稚園」が埼玉建築文化賞のコンペで優秀賞とのメールが入ったこと。
さっそく今朝ネットで確認してみました。
残念ながら最優秀賞は逃したようですが、とりあえず良かったということでしょうかぁ、、、。
最優秀賞だったらみんなで盛大にお祝い!の予定だったのですがぁ、、、
とりあえず近々に、中ぐらいにお祝いしたいと思います。(笑)

この建物は、他のコンペにも応募してあるので、まだまだ希望を持って行きたいと思います。
って、いつも前向き!!!

EDIT

今年もスタジオ4設計忘年会

  • Posted by: 130
  • 2018年12月 7日 14:46


201812071.JPG

きょうはこの時期恒例のスタジオ4設計の忘年会が池袋でありました。
きょうは事務所スタッフプラスOB&OGの総勢9名。

来年1月で事務所創立40周年を迎えるにあたり、先ごろ出来上がった記念誌を持っていき、みなさんに贈呈させてもらいました。
各自の関わった建物はもとより、建築見学バスツアーの写真もあり、
それぞれの当時の仕事やツアーの想い出が蘇ったようでよかったです。

毎回、このメンツでのこの会は機関銃トークが炸裂し、すごいことになります。
初代スタッフだった鈴木くんは51歳に。そしてジムは50歳。
Ryoさんは47歳で直井君は45歳。山口君が42歳なったそう。

ボクが大学で彼らと出会ったのはボクが40~43歳ころだったのですから、
いつのまにかそれから20~25年が経過してしまったということになります。

そしてジムは日本に来て25年が経過したとのこと。
彼はすでに人生の半分を日本で過ごしているとのこと。もう日本人と言って良いくらいです。
そのジムからは、我がスタジオ4の存在が、彼が日本で生活するきっかけになったというありがたい言葉をもらい、
とても嬉しく、おもわずお互いにウルウルしてしまいました。

ボクもこの40年、このような素晴らしい仲間たち、弟子たちに囲まれて歩んでこられたことをほんとうに幸せなことだと思います。
正直この40年、事務所運営はいつもギリギリで、それほど楽な時期はなく、蓄財?どころではなかったのですが、
設計という仕事を通じて、このような素晴らしいスタッフたちと出会い、そして強いつながりを築けたことは、
お金では買えない大きな財産持ちなのだなぁ~と感じたのです。

EDIT

むかしばなし

  • Posted by: 130
  • 2018年12月 6日 17:55

20181206.JPG

きょう午前中はいつもの理容室BBSへ。
ちょうど先月末に出来上がった40周年記念誌持って行きました。
このBBS店舗もボクの設計で、この本の年表によると、1981年竣工とのことなので、いまから37年前ということになります。
事務所をスタートしてからたしか4軒目だったような、、、、。

11年前には奥の住宅部分の増築の設計もさせてもらい、その時に店舗部分のリフォームもして、いまでもキレイに使っていただいています。
設計者のボクが言うのもおこがましいのですが、デザイン的にはいまでもまったく古さを感じさせません。(笑)

マスターのSさんはその本を見ながら、なにやら感慨に浸っている様子。37年前に思いを馳せていたのでしょうかぁ~。
こうしてボクも毎月のようにカットにお邪魔して、たがいの近況報告や、バカっぱなしをしながら、
いつのまにか37年の年月が経過していたことに驚かされます。

40年近くの間、マスターのSさんとは毎月、定期的にボクと会話をし、ボクを見ていたという点では、ボクの家族よりも冷静に、
客観的にボクのことを観察出来たということなのでしょう、、、。
そう思うと、ちょっと怖い気もしますが、、、。(笑)

この感じだと、Sさんとはこれからも、きっと死ぬまで付き合いは続くのでしょうねぇ~、、、。
とても大事な床屋さんであり、家族のような友人です。

EDIT

Index of all entries

Home

Calendar
2018 12 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Navi

いさおのBLOG1(2008年10月まで)

スタジオ4設計のHPに戻る

Recent Entries
Recent Comments
Links
Search
Feeds

Return to page top