Home

いさおのブログ2

個展の案内

  • Posted by: 130
  • 2017年11月18日 07:29

201711181.JPG

知人の版画家であるIさんから個展の案内をいただきました。
Iさんはかつてのクライアントで、アトリエ兼住宅を2回設計も設計させていただいています。
はじめのアトリエはもう29年前になるでしょうか、ボクの代表作とも言える建築。
そしてもう一つは7年前に設計させていただいています。
建築はもちろん、クルマや犬、という共通の趣味や、諸々の共通の価値観もあり、単なるクライアントと設計者という以上のつながりのあるIさん御夫妻なのです。

そんなIさんが、こんど個展を開催されるとのこと。ぜひお邪魔させていただきたいと思います。
いままでもIさんの作品は展覧会のたびに、都美術館や、埼玉県近代美術館で拝見させていただいていましたが、このところしばらく無かったような気がします。
奥様からのメールによると、Iさんは80歳を超え、新たにリセットするために個展を考えられたとのこと。
80歳を超えて、なお創作意欲を持続されているIさんは素晴らしいと思います。
最近、まわりの友人たちも含めて年齢を意識する話が多くなってきた自分に、「喝!」を入れられた感じです。

そして案内状の裏の「自己紹介」がユニークです。
その中で、Iさんのアルファ好きの友人に、「なかなか4Cを買わない人」という人がいるらしいというのには笑いました。

201711182.JPG

EDIT

敷地模型オンパレード

  • Posted by: 130
  • 2017年11月17日 20:26

20171117.JPG

きょうの午後はK大学八王子キャンパスへ。

まずは提出された敷地模型のチェックからスタートです。
製図室の机の上に、学生の数だけの敷地模型が整然と並んでいる眺めはなかなか壮観。
傾斜のある地形ではこの模型は必需品となります。
等高線に準じて敷地の傾斜を表現する模型を効率的に作るには、それなりに知識と要領が必要で、
先週の授業で作り方を詳しく説明したので、わりとよい出来栄えでした。

模型チェックのあとは第2課題の初めてのエスキスチェック。
敷地を見て構想を練る段階なのでそれほどはっきりしたものを要求したわけではないのですが、
設計が好きと思える学生はいろいろなスケッチを交えてエスキスを進めてきてくれました。
初めに担当グループの学生に、将来建築設計の仕事に就きたい人はと質問したところ、ひとりもいませんでした。
最近の学生の傾向として、建築設計で生きていくのは大変という風潮が強いようで、みなさん、建築関連企業や公務員という学生が多くなっているようです。
仕事は(人生も?)大変だからこそ面白いということを理解して欲しいところなのですがぁ、、、。

EDIT

今年もボジョレー

  • Posted by: 130
  • 2017年11月16日 21:24

きょうは朝一番でTG社の既存建物の調査へ。
増築工事を計画するにあたり、敷地内にあるいくつもの既存建物の現状を報告する必要があります。
ただ、古い建物のなかには図面資料がの残っていない建物があるため、現場で採寸をし図面化しなければなりません。
設計事務所のす事は、いつも新しい建物の設計だけではないのですねぇ~、、、。

現地調査を終えて、S市消防署へAM幼稚園の仮使用の事前打ち合わせへ。
こちらは年明けには建築に先行して具体的な使用開始届出という動きとなります。

そのあとはH市のN HOUSEの現場に行き、基礎の配筋検査と設備関係の打ち合わせ。
相変わらず、構造設計のIさんの基礎配筋はガッチリしています。
検査に来た民間審査機関の検査員の方も、「しっかりした基礎ですねぇ~!」と感心していました。

201711161.JPG

事務所に戻ると世田谷のIさんから、この時期恒例になったボジョレーヌーボーが届きました。
これは10月のボクの誕生日の繰り下げプレゼント?ということで、毎年送りいただいています。Iさんんのお心遣いに感謝です。

今夜はこのボジョレーで1ヶ月遅れの誕生会です!

20171116.JPG

EDIT

新しい本の打ち合わせ

  • Posted by: 130
  • 2017年11月15日 17:17

今日の午後は目白のS・U事務所で、出版社のMさんを交えて、新しい企画の本の打ち合わせがありました。

今回も執筆メンバーは「矩計の本」と一緒の気心の知てれた楽しい方々です。
新しい企画の本は、ちょっとボクには難しい?内容のようですが、いいろいろと勉強しながら頑張ってみようと思います。

Mさんによると、いままで執筆した「矩計の本」の木造編は5刷目の増刷となり、なかなか好調な売れ行きのよう。
またRC編もストックがなくなり増刷することになったとのこと。
そして今年春に出た、S造編も順調な滑り出しとのことで執筆者としては大変喜ばしいことです。

20171115.JPG

ボクは公式な文章を書くことは苦手な方ですが、こうして強制的に書かざるを得ない状況を作ると、
必死になって書く努力することになるので、それなりに時間が掛かり大変ですが、よい経験になると考えています。

このブログも、むかしから本(小説)を読むのが嫌いなボクは文章力が乏しいと感じていたため、
せめて拙い文章でも書くことによって、文章を書く訓練になるのではと思い、日々続けています。
こうして毎日毎日ブログを書く事により、文章力こそ上達はしませんが、文章を書くことへの嫌悪感はなくなりました。(笑)
慣れるってすごいなあ~って、改めて感じます。

EDIT

1986年の設計でした。

  • Posted by: 130
  • 2017年11月14日 15:18

先週の土曜日にあった中学校の同総会で、
31年前に設計させてもらったお好み焼き「花月」のオーナーで同級生でもあるN君と数年ぶりに会いました。

N君は、J中、J高校卒業後は日体大に進み、国会議員秘書を経て30代でA市市議会議員になり、現在2期目の市議会議長をつとめています。
そして今も31年前と変わらずにお好み焼き屋さんをやっているとのこと。
店舗を大切に使っていくれているようで、設計者としては嬉しい限りです。
さすがに31年も経過していると汚れたり傷んだ部分も出てきているようで、こんど改修をしたいので見に来て欲しいとのことでした。

きょう、改めて竣工時の写真を見ていたら、当時のことをいろいろ思い出しました。
31年前というと、ボクはまだ34歳だったということになります。
はじめての飲食店の設計で、いくつかの失敗もありました。
いまでも忘れることができないのが、鉄板の熱がカウンター席に伝わってしまい。カウンターが触ることができないくらい高温になってしまったこと。
急遽、建材屋さんで50ミリのALC板を仕入れてきて、自分でカットし、ガスバーナー周辺に貼り付け遮熱し、なんとか解決したことがありました。
いや~冷や汗ものでした。(苦笑)

近々にお好み焼きをいただきながら、現地調査をしに行きたいと思います。

IMG_20131004_0017.jpg31年前の店舗とボクの写真

IMG_20131004_0015.jpg竣工当時のお好み焼「花月」

EDIT

現美新幹線

  • Posted by: 130
  • 2017年11月13日 17:28

きょうは、T大学、在学中には我が事務所サポートスタッフをしてくれたOGのMさんから誘ってもらい大宮駅で開催された現美新幹線の体験イベントに行ってきました。
OGのSさん、OBのI君もいっしょで、そのふたりとはなんと卒業式以来ということなので9年ぶり!?

現美新幹線は新幹線の車両を現代アート作品を展示する「走る美術館」とした車両でかなり斬新。
外装は写真家の蜷川実花さんのデザイン。車内にはいろいろなアーティストの作品が展示してありました。
またカフェもあり、そこでは燕三条で人気の「つばめコーヒー」が飲めるとのこと。
長いトンネルが多い場所や、地下鉄などではこのような企画も良いと思うのですが、
ボク的には、新幹線は車窓からの風景を楽しむ方が好きかも、、、。

ホームの反対側には山形新幹線で走っている「トレイユ」が停車中で、車内では足湯が楽しめる新幹線車両でした。
座席も畳の和風な設えで、宴会にはいいかもですね。

JRは豪華寝台列車を始め、いろいろなタイプの列車を企画し、いろいろな需要を掘り起こそうとしているよう。
のって、いろいろと楽しい体験ができる列車が増えることはとても良いことだと思います。

きょうは、いろいろな新幹線を見て、何処か遠くへ旅に出たくなってしまいましたぁ。


20171113.JPG

P1150967.JPG

P1150962.JPG

P1150953.JPG

EDIT

Index of all entries

Home

Calendar
2017 11 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Navi

いさおのBLOG1(2008年10月まで)

スタジオ4設計のHPに戻る

Recent Entries
Recent Comments
Links
Search
Feeds

Return to page top